Month: 5月 2019

ユニクロのレディース水着

ユニクロといえば、低価格・高品質・高性能の三拍子揃った日本のファストファッションを代表するブランドだ。
海外の著名なデザイナーと積極的にコラボレーションもしてあり、2018年を例にすると、水着・ビーチウェアでは「PRINCESSE tam.tam(プリンセス タム・タム)」「Uniqlo U(ユニクロ ユー)」、そして「tomas maier and uniqlo(トーマス マイヤー アンド ユニクロ)」の3つのラインナップがありました。
それぞれテイストが異なるものの、いずれもユニクロ価格で販売されており、ブラが1,990円、ショーツが990円で、どのコレクションもブラとショーツが別売りにつき、独自のコーディネートを楽しめます。

PRINCESSE tam.tam(プリンセス タム・タム)は、フランスのランジェリーブランド「プリンセス タム・タム」とのコラボですが、ランジェリーブランドだけあってシルエットの美しさが魅力です。
取り外せるストラップで着こなしの幅が流れるスイムバンドゥブラ、うしろのリボンがかわいいホルターネックブラ、モダンなハイネックブラ。そしてショーツは、浅履きタイプのスイムショーツと、ヒップハンガータイプのショーツがあります。

クリストフ・ルメール率いるチームによるUniqlo U(ユニクロユー)の水着は、夏の日差しに映えるアースカラーとコンフォータブルな着心地が特徴です。
スイムブラは縫い目の少ないデザインで快適着心地なうえ、Vカットが胸元をきれいに見せます。バンドゥブラはストレッチ性が激しく、ずり落ち難くストラップの取り外しが可能になっていて2wayの着こなしが楽しめます。
またワンピースは肩が激しく掛かるレーサーバックデザインで、UVカット機能も付いています。

tomas maier and uniqlo(トーマス マイヤー アンド ユニクロ)は、トーマス・マイヤーとのコラボ水着で、素材や機能性にこだわったシンプルで上質な水着が揃います。
トライアングルブラはトーマス・マイヤーのシンボルでもある椰子の木プリントのブラで、パープルとオレンジを展開しています。サイドの紐が美しいショーツはブラとお揃いも、別々にしてもおしゃれだ。

このようにユニクロの水着は、カワイイ価格、機能性など楽しいポイント満載です。どうしてもチェックしてみてください。https://www.davidkuo.co.uk/

定番のゼリーも特別なものを

お中元の定番の1つとしてゼリーや水ようかんの詰め合わせがあります。
季節を考えるとゼリーなどは喜ばれる品だ。

といっても毎年同じようなものを贈っているのもはからずも抵抗を感じてしまうこともあるでしょう。
いっそちょこっと異なるものが宜しい、去年とは違ったものを選びたいということもあります。

おんなじゼリーの詰め合わせも普段はあまり見かけない感じのゼリーなどもありますから、ゼリーの詰め合わせというだけでなく、どのようなものが詰め合わせになっているのかを美しく確認すると喜ばれるものを贈ることができるでしょう。

有名なお店やシェフなどとコラボした商品などもありますからこういったものもおもしろいですね。
また、パッケージが心からおしゃれになっていたり、ゼリー自体見た目にもおしゃれであったり一言でゼリーといってもかなりの種類があります。

デパートなどのお中元のための特設コーナーなどにいるだけでなくお菓子屋さんなどでもおしゃれできれいなゼリーが並んでいる。
お菓子屋さんの場合には、お中元ということではなく販売している場合も少なくありませんが、箱詰めもしてくれますし、きれいに包装していただける。

日頃から利用しているお菓子屋さんのものであれば、味もわかっていて送るのにも真実味があるでしょう。

お菓子屋さんの物はそれぞれが見た目にも遊べるようになってあるものも多いのでおすすめです。
1つだけでも楽しくなって仕舞うようなおしゃれなものも多いですから、それがいくつも箱に入っていたら喜ぶ姿も目に見えるようです。

ただし、郵送などで与えることが出来るのかなどは相談する必要もありますから気を付けましょう。

ゼリーのでは、できているものだけでなく、自分で作ることができる感じも喜ばれます。
粉にお湯を入れて冷まし寄せるだけで簡単にゼリーを作ることができる感じもありますから、子供のいるお家にはピッタリです。

食べるだけでなく作り上げるという楽しみが現れるだけでも喜びは違ってきます。
作るといっても難しくなく簡単に作り上げることができればふとした楽しみになります。

あげる相手によってはこういったものも喜ばれるのではないでしょうか。http://サイクルプラスエンリッチローション.xyz/

バスケットボール

バスケットボールは、ドリブルやパスを手でし、足を使い必死に走ってゴールを目指すスポーツだ。
そしてサッカー同様にチームプレーのスポーツだ。
手足として運動するため子供に体力がつきますし、俊敏性、反射神経、直観などを飼うことができます。
スポーツを通して小学生のうちからチームプレーを学ぶことは全く肝だ。
仲間と共に1つのボールをつなぎ、1つのゴールという目標に向かって走るという貴重な体験をすることができます。
和、思いやり、仲間同士、目上の人とのやりとりなど様々なことを学べると思います。
小学生も低学年くらいだと身長が低ためバスケットボールのゴールに届かないとあきらめて仕舞う人もいると思います。
しかし心配はいりません。
小学生を対象としてミニバスケットボールがあります。
普通のバスケットボールよりも、ゴールのリングが低くなっていてコートも狭くなっている。
そのため小学生の習い事としてはこういうミニバスケットボールが人気となっています。
一部のルールは違いますが、パスしたり、ドリブルしたり、シュートしたりと行うことは同じです。
小学生のうちは身長や体格差はそこまで重要ではありません。
体格差が影響して来るのは中学生、高校生以降のことです。
まさに習い事としてミニバスケットボールを習った人、習わせた人の口コミを通してバスケットボールが人気の理由やメリット、デメリットなどについても紹介したいと思います。

<メリット>
スタミナや体力を押し付けられます。
そしてそれが体育の授業や他のスポーツのシーンで生かされた時自分に自信を持つことができます。
チームワークをはぐくむ結果内面を成長させることができます。
小学校、中学校では体育の授業にバスケットボールがあるため習い事を通じていれば、その分体育の授業で活躍することができます。

<デメリット>
練習着、ユニフォーム、靴の買い替え費用、遠征ときの交通費、食事代など費用が繋がること。
親の送迎が必要になるところもあります。
参考費用として、バスケットシューズは4,000円〜、バスケットTシャツは1,500円〜、バスケットパンツは3,000円〜、専用のソックスは500円〜、バスケットボールは2,500円〜かかります。

習い事にかかる月謝を比較してみます。
地域が行っていて旗手がボランティアのスポーツ少年団か、プロの指導するクラブかによって凄まじく違ってきます。
スポーツ少年団の場合には、5,000円前後、月謝でこれくらいするところもあれば、年間でこれだけしかかからないところも様々です。
これに掛け金や暖房費などが幾らかかかります。
一方クラブの場合には、月謝が7,000円前後、これに入会金や掛け金などで20,000円、ユニフォーム代で約20,000円、合宿費などで5,000円くらい、年間にすると50,000円前後はなるようです。
どんな目的で子供に習わせたいのか、それに合わせてスクールを選ぶといいと思います。艶つや習慣は楽天・Amazonより最安値で買えるってホント?